可愛くて使いやすいラクマグ!マグマグとの違いは?ストロータイプを徹底比較してみた

2019年11月24日

生後半年になった次女に長女のお古のマグマグを使わせていたのですが、どうにもストロー部の黄ばみや本体の劣化が気になっていました。パーツを変えるよりは新調してあげよう!ということで手にしたのはcombiから出ている「ラクマグ」という製品。

今回は「ラクマグ」がどう使いやすいのか、長女の時に使っていた「マグマグ」と比較してみました。"どちらを買おうか迷っている“"上の子のお古でいいのかしら?“という方は一度目を通してみてくださいね。

combi「ラクマグ」&Pigeon「マグマグ」徹底比較!

ラクマグはマグマグと同じく、初めてストロー飲みやコップ飲みに挑戦する赤ちゃんのためのトレーニングマグです。似たような製品ですがやはり違うところもあります。

今回私が購入したのはラクマグのストロータイプなので、マグマグのストロータイプと比較してみました。感じた違いは主に7つ。

1.漏れにくさ

長女が赤ちゃん時代にマグマグを使っていた時はちょこちょこ漏れていた記憶があるのですが、漏れなさはラクマグの「漏れないストロー」の方が上でした。「漏れにくいストロー」ではなく「漏れないストロー」ですからね。名前からも自信が伺えます。

その秘密はパッキンと飲み口がひとまとまりになっていることにあるようです。

マグマグでは極たまにパッキンが中途半端に付いたまま閉めてしまい(いや自業自得)何度か大惨事になったことがありますが、そういう人為的ミスもパーツがひとまとまりになっていることで起こり得なくなりますね。雑な人種に優しい。

ラクマグの「漏れないストロー」なら蓋が閉まっている限り、カバンの中だろうが子供が振り回そうが漏れないことを保証します。

ただ、さすがに蓋を開けた状態ではストロー部から逆流してしまうので、その点は諦めましょう。子供って蓋が開いたまま振り回すんですよね。

2.洗いやすさ

では、洗いやすさについてはどうでしょうか。

パーツの数を比較してみるとマグマグは6つ、ラクマグは5つです。

パーツを一つ一つ外して洗うのって、めんどくさいのはもちろんなんですが、よく紛失するんですよ。泡だらけの流し台で、パッキンやら飲み口を見失ったり間違えて排水溝に流しちゃったり。

その点、ラクマグは飲み口とパッキンがひとまとまりになっていて、蓋も分解する必要がないのでそれぞれを見失うことなく洗うことができると思います。ストローは知らんけど。

それ以外の部品の洗いやすさはさほど差がない気がします。

本体の洗いやすさはどちらも普段使っているスポンジで洗うことができるので、ボトル専用のスポンジを用意する必要がありません。

これ以上入らない

ただしストローは若干細めになっているのでマグマグの時に使っていたストロー洗いが通用しませんでした。これはスプレータイプの洗剤を使うことで解決します。

3.飲みやすさ

ラクマグにはストローの先端にふくらみが施されています。飲み口の先端がふっくらしていることで赤ちゃんの口でもストローをつかまえておくことが出来ますね。

それから、マグマグでは最後まで飲みきれるようにストローが少し曲がった作りになっていたのですが、ラクマグではストローはストレートになっています。

パッキン部に斜めに取り付けるようにしたことで、ストローの向きを調整する手間がないのは些細なことですが嬉しいですね。

飲みきりやすさはマグマグと同じです。

4.容量

容量はマグマグが200ml、ラクマグが240mlです。全体的な大きさはあまり変わりませんが、ラクマグの方が40mlほど多く入れることができます。

長女が1歳半くらいの時にマグマグでは容量が足りなくなりリッチェルのストローマグを購入したのですが、ラクマグならもう少し使い続けることができそうですね。

さらに長く使い続けたい!もっと容量が欲しい!という方はラクマグの340mlタイプのものを購入すると安心だと思います。

5.替えパーツの種類

ラクマグの替えパーツは「はじめてストロー(4ヶ月〜)」「はじめてコップ(5ヶ月〜)」「漏れないストロー(6ヶ月〜)」の3種類。

ラクマグはコップ飲み・ストロー飲みに特化した製品となっているようです。

一方、マグマグの替えパーツは「ベビー(3ヶ月〜)」「スパウト(5ヶ月〜)」「コップ(8ヶ月〜)」「ストロー(8ヶ月〜)」の4種類あります。

長女の時に購入したのはベビー以外の3種類ですが、母乳実感の乳首がスパウトタイプのパーツと共有できるので便利でした。(ベビータイプと同じです)

母乳育児の方などストロー飲み・コップ飲みから始めたいという方はラクマグ、pigeonの哺乳瓶を使っていたので慣れている方から始めたいという方はマグマグの替えパーツを選ぶと良いかもしれません。

6.見た目の可愛さ

マグマグもスタンダードな赤ちゃん用品という感じで可愛いのですが、ラクマグはコロンとしたフォルムが愛らしい!デザインも洗練されていてオシャレだなーと思います。

デザインもいろいろあるので選ぶ楽しみがあるのも嬉しいです。

ディズニーとコラボした柄などもあるので一度ショッピングサイトなどでチェックしてみるといいかもしれません。

ただ一つ欠点は、飲み口のパーツによっては欲しいデザインがないこともあるということ。飲み口パーツによって選べる柄が違うので、よく見て選ぶ必要がありそうです。

7.価格

本体価格マグマグが¥1,320(税込)、ラクマグは¥1,540(税込)なので価格的には200円ほどラクマグの方がお高めですね。

育児用品を買い揃えていくともう際限なくお金がかかるので、ちょっとでも安く抑えたい!という方にはマグマグの方がオススメかもしれません。

まとめ:どちらにするかは自分次第!

いかがだったでしょうか。

今回ストロータイプを比較した結果では、ラクマグの方が漏れにくく洗いやすく可愛いなぁという感想に至りました。新しく出た製品ですからね、研究はし尽くされていると思うので当然といえば当然か…。

ただ、全体的な使用感はどちらもさほど変わらないので、乳首タイプやスパウトタイプから徐々に移行したい!という方や上の子のマグマグがまだ綺麗だから部品だけ交換したい!という方などはマグマグを選んだ方が良さそうです。価格もこちらの方が若干安いしね。

私がラクマグを選んだ決定的な理由は見た目の可愛さ一点なので、マグマグのデザインが一新されるなどしていたらまた違っていたかもしれません。

結局のところ、どちらを選ぶかは自分次第!店頭などで実際に手にとって選んでみてくださいね。

それでは、また〜。

【関連記事】
ストローマグをリッチェルのミッフィー柄に変えたよ!マグマグとどう違う?

グッズ

Posted by puyoko