レビュー

子供の作品を音声付きで残せるアプリ!子供の思い出美術館DearMuse

娘(左下)と次女(左上)と私(右)

先日、2歳半になった娘が突然「ママ描いたよ〜」と言って似顔絵を見せてくれました。それまで顔なんて描こうとしなかったのに…と感動オブ感動。親バカですが本気で「うちの子天才〜!」となりました。

そんな我が家の天才が描いた作品、「後世に残したい!」と思うのが親心。けれど作品は日々製作されていくので全て保管していたらあっという間に収納場所がパンクしてしまいます…。

この感動をどうにか保管していけないものか…と模索していたところ、非常に良きアプリを見つけました。その名は「子供の思い出美術館DearMuse」。今回はこのアプリについてご紹介していこうと思います。

子供の思い出美術館DearMuse

子供が描いた絵やブロックの作品、工作など、どれも親にとっては天才的ですごく感動しますよね。そんな感動をいつまでも手元に残しておくことができるのが「子供の思い出美術館DearMuse」と言うアプリ。

このアプリを使ってみて分かった特徴は主に以下の5つです。

1.我が子だけの"美術館"になる

自分の子供が作った作品を撮影し、それをアップロードすることでアプリが我が子オリジナルの「美術館」になります。写真はその場で撮ることも出来るし、写真フォルダからアップすることも出来ます。

2.作品説明を子供の声で残せる

どうしてかな

このアプリの面白い機能が、子供の声で作品説明を記録できるところ。まだ文字が書けない子供でも作品についての思いを残すことができるのがすごくいいアイデアだなと思いました。

作品が出来た瞬間の我が子の可愛い声を残せるのって素敵ですよね。音声だけっていうのが、普段撮っている動画とはまた違った感じでいいのヨ。

3.兄弟は三人まで追加可能

現段階では三人までの兄弟の作品が残せるようです。上のアイコンをタップすることでどの子の作品を表示するのか選択できます。

現在下の子は0歳児なので作品は無し。サンプル画面のままになっています。

4.パパやじいじばあばを招待できる

自分だけの美術館にしておくのは勿体無いので、パパやじいじばあばなども招待してこの感動を共有しましょう。

5.いいねやコメント機能有り

SNSのようにいいね!やコメントをすることができます。

娘の声だけでは伝えきれなかった概要を書いてみたり、パパやじいじばあばからコメントをもらったりできるので感動を共有できそうですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

せっかくの作品なので実物を取っておきたくなりますが、それにも限度があります。今は写真や動画をアプリに保存・共有する時代なので、それと同じように子供の作品も"アプリに残す"というのが新しい概念として広まっていきそうです。

私も初めて知ったアプリであまり有名ではなさそうですが、もっと多くの人に広まってサービスが続いてくれるといいな〜と思い今回記事にしてみました(自分のためかーいw)。

皆さんも是非可愛いお子さんの作品を「子供の思い出美術館DearMuse」で保管してみてくださいね!

それでは、また〜!

スポンサードリンク

-レビュー