その他

トイトレ対策!トイレの床に防水シートを貼ったよ。子供も素足でどんと来い!

2019/09/03

トイレマットにスリッパ、便座カバー、便座ふたカバーとフル装備だった我が家のトイレ。旦那さんがスリッパを履かないことや掃除のしにくさなどを理由にどんどんと軽装備になっていきました。

そしてこの度、娘がトイレデビュー!

きっと素足でトイレに入ったり、失敗したり、トイレットペーパーが散乱したり、いろいろなことがあるだろうなぁと想定した結果、最終的に真っ裸となりました。「こまめに掃除をする!」ということを自分の中で条件にして床も便座もまっさらになったのですが…

スポンサードリンク

床の清潔さを信頼できない!

模様替え準備中

我が家は築20年近いアパート。床や壁の張替えはされてるんでしょうが、引っ越してきた時からトイレに積年の芳しい香りがほんのり残っています。

そんなトイレの床を素足で歩くなんて、ちょっと流石に無理なのでトイレの床にシートを貼りたいなぁ。貼ってやろう!と思い立ちました。

当初は100均のリメイクシートを貼ろうかと思ったのですが、自分で切ったり貼ったりするのが面倒臭いなぁってことでAmazonでトイレ専用の模様替えシートを購入しました。

賃貸の床でも使える!防水模様替えシート

そんなこんなで購入したのがこの「防水模様替えシート」。

今回はクリームという色柄にしましたが、他にも5種類ほどあったので好みの柄が見つかると思います。

サイズは90×200cm。便器を中心とした前後左右で4分割されています。

前側。なっがーい
後ろ側

便器周りには切れ込みもあって貼りやすくなる工夫がされています。このなみなみは貼るとまっすぐになるのでご心配なく。

Amazonの口コミにはペラッペラとあったので少し心配していましたが、全然そんなことなかったです。人によって感じ方が違うのかもしれませんが、むしろしっかりしてるー!と私は思いました。

いざ!貼り付け!

さて、築20年のトイレの床に貼っていく作業に入ります。

床全体を綺麗に拭き掃除した後一度仮置きをし、トイレのサイズ感に合わせてある程度切っておきます。

なんとなくサイズが定まったら、裏面に付いている剥離紙(ビニール)を剥がします。剥がすのがちょっとコツがいるかもしれません。

粘着力は強すぎず弱すぎず。床の材質との相性もあるかもしれませんが、塩ビっぽい我がトイレの床にはちょうどいい感じでした。貼り直しもできるので安心して作業ができました。

トイレのサイズに合わせて慎重に切り貼りしていきます。

便器周りはシートの切れ込みに合わせて貼っていき、見た目が綺麗になるようにひだを切り落としました。狭いトイレで作業するのが難しく、あまり綺麗な仕上がりではありませんがまぁ良しとしましょう。

床と壁の境目も、隙間にねじ込みつつ綺麗に貼ることができました。

ふう。

なんやかんやで完成!!

ちびっこ2人ワンオペ中のため作業は数日がかりになりましたが、集中して作業できる環境であれは1〜2時間でできると思います。

つなぎ目も、思ってたよりは目立ちませんでした。遠目であればパッと見では分かりません。

木目に合わせて切ることができればつなぎ目に気づかなくなるレベルです。

よかったこと

「新しい」という清潔感

築20年のトイレの床そのまんまだった時はいくら掃除しても汚れが残っているような気がしてなりませんでしたが、新しくシートを貼った床は清潔感があり安心して使うことができています。

これなら娘を素足でトイレに入らせても罪悪感がありません。

失敗しても染み込まない

現在進行形でトイトレ中の娘。まだ目前で漏らすなどの失敗はありませんが、防水シートなのでもし失敗してしまっても染み込まずさっと拭き取りができそうなのがいいなと思いました。これがトイレ専用のシートの良い点ですよね。

見た目がちょっとオシャレに

お世辞にもオシャレとは言えない我が家のトイレですが、今回床の模様替えを行ったことでミジンコレベルではオシャレ度が上がってくれたのではないかと思います。

柄も数種類あるので、気分を変えたい時は違う柄に変更できるのも模様替えシートならではだと思います。

賃貸でも使える

賃貸だと床の張替えをすることは不可能なので引っ越すまで我慢しなきゃなのかなーと思っていましたが、トイレの模様替えシートを使うことで気軽に床の模様替えができたのは良かったです。

粘着力があまり強くないので床を傷めてしまう心配もなさそうです(長年使ってるわけではないので保証はできませんが…)。ただし床材との相性もあると思うので、使用する前に確認するのは必須。

気になったこと

とっても簡単!ではない

四方に分かれていたり便器周りに切れ込みが入っているのでリメイクシートを使用するよりは手軽でしたが、自宅トイレのサイズに合わせるために切り取ったりする作業は不可避でした。

剥離紙(ビニール)を剥がすのが難しかったり、まっすぐ貼るのに神経が必要だったりもしたので、「とっても簡単にできます!」とは言えないかなぁと思います。

こまめな掃除が必要

小さな子供がいるとトイレ掃除も疎かになってしまいがちですが、素足で使い続けるためにはそれなりの手入れをしてあげなければいけません。新しくシートを貼ったからと言って掃除をサボっていたらいずれ汚れは溜まっていきますからね^^;

ただ、新しいシートに貼り替えてやれば清潔感も復活するので1年に1回とか半年に1回とかを目安として定期的に張り替えていければな〜と考えています。

まとめ

今回、床に模様替えシートを貼ったことで娘にも快く素足でトイレに入らせてあげることができるようになりました。

貼る作業に少し手間がかかったりこまめ拭き掃除は必要になりますが、バスマット等を完全に無くしたことで洗濯の手間もなくむしろ掃除がしやすくなったと感じています。綺麗なトイレは金運が上がるらしいので積極的に拭き拭きしていきたいですね。

トイトレはまだ始まったばかり。娘たちが完璧にトイレで用を足せるようになるまではこの模様替えシートにお世話になろうと思います。

それでは、また〜。

スポンサードリンク

-その他
-