細々したおもちゃの収納にファスナーケースを活用!子どもの練習にも。

2019年11月10日

どんどん増えていくおもちゃたち。大きさや形が違うので統一感が無く、子ども部屋がごちゃごちゃとした雰囲気になってしまいがちではありませんか?おもちゃ箱に一気に投げ込むだけの収納は楽ですが、ひっくり返された時の散らかりようは目を伏せたくなるような光景です。

子どもがいても、ある程度は片付いた統一感のある部屋でありたい。そういう思いは子どもが生まれて数年経ってもまだ残っています。 同じような方って恐らく多いのではないでしょうか。

そこで今回は、私が実践している収納方法のひとつ、ファスナーケースでのおもちゃ収納についてまとめてみました。場所をとらず、お片づけなどの訓練にもなる収納方法、ぜひ実践してみてください。

スポンサードリンク

収納しているおもちゃたち

私がファスナーケースに収納しているおもちゃたちはこんな感じ。

買ったはいいものの専用の収納ケースがついていなかったおもちゃや、箱があっても大きさがバラバラなおもちゃを収納するのに役立っています。雑誌の付録や時々届くしまじ●ろうのお試しの紙製のおもちゃ類も、折り紙と一緒に「紙製の何か」という部類でまとめることにしました。

ファスナーケースは透明なので中身が何かは一目瞭然!背表紙もクリアなので棚に入っている状態でも何が入ってるか大体分かるので娘が選ぶときにも割とスムーズです。

白いファスナーケースはキャンドゥ、色のついたA4サイズのケースは確かダイソーだったと思います。できればA4サイズの方も白で統一したかったのですが、近隣の百均にはなかったのが残念…

統一感が出た!はず。

ファスナーケースを利用した収納方法でのおもちゃ置き場がこちら。

まとまりのなかったおもちゃたちをケースに入れて立てて収納することで、デッドスペースを有効活用。
以前は棚の中にうまく収めることができずおもちゃ箱が溢れかえっていましたが、この収納方法を実践したことでおもちゃ収納のストレスが少し緩和された気がします。

もちろん、この反対側にもおもちゃがあったりして、全てのごちゃごちゃが解決した訳ではないですが、それでもキッズスペース一角がすっきりしたのは気分的にかなり大きいです。

ファスナーケースで3つの練習

この収納方法を実践することで、娘にとっても練習になる事がありました。以下にその3つをまとめてみます。

お片づけの練習

ファスナーケースでの収納は自分でお片づけをする練習にもなります。
まだ難しいようで上手くいかないことも多いですが、 どうしたら綺麗に収納できるか考えることが必要なので頭を使う訓練にもなりそうですよね。

もちろん棚にしまうのも自分で。
出来れば大きさを揃えて欲しいところですが、棚に収まっていれば今のところよしにしてます。

区切りをつける練習

次の遊びをする前にさっきまで遊んでたものを片付けてから!という区切りをつける練習にもなります。
とはいえ、私が見てない時に次から次へと出していたりするのでまだ時間がかかりそうですが(汗)
2歳なのでまぁ理想通りにはいきませんね。

チャックを締める練習

ファスナーを開けたり閉めたりする練習にもなります。
我が娘もなんでも自分したいお年頃のようで手を出すと怒られるので見守っています。

角のところが特に難しいようでよく怒っているんだけど、開ける時に全開にするから締める時大変なんだと気づくのはいつだろう〜。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回ご紹介した収納方法は、細々したおもちゃをすっきり収納するのに有効な方法だと思います。ですが、子供がケースに収納するのを習慣化するまでは見守ってやらないといけないという手間もかかるので、この方法が合わない方もいるかもしれません。

とはいえ、子どものお片づけやチャック開閉の練習になったりと収納以外にも期待できる効果があると思うので気になる方は一度試してみて下さね。

それでは、また〜。

スポンサードリンク

対策百均

Posted by puyoko