ストローマグをリッチェルのミッフィー柄に変えたよ!マグマグとどう違う?

2019年12月7日

みなさんこんにちは。暑くなりましたね〜!我が家でもプール開きをしたりとだんだん夏らしくなってきました。

これだけ暑いと娘も水分をたくさん欲するようで、赤ちゃん時代から使っていたマグマグだと容量が足りなくなって来ました。娘自身の吸引力も増して、1時間程で空っぽになることも( ;∀;)本当にダイソンみたい。使ったことないけど。

そういうわけでこの度マグボトルのサイズをアップ!

新調したのはこちらです。

きゃわわ


リッチェルのおでかけストローマグ
〜!

お店で見かけて、一目惚れ。でもまだマグマグが現役だし、1歳4ヶ月ともなるともうストローマグは卒業すべきなのか?という考えがあって一旦は堪えた私。けれどなんやかんやありまして、我が娘の新しい相棒としてお迎えすることになりましたヽ( ・∀︎・)ノ

【関連記事】
可愛くて使いやすいラクマグ!マグマグとの違いは?ストロータイプを徹底比較してみた

スポンサードリンク

ミッフィー柄、超かわい〜!!

いつの間にか出ていたミッフィー柄のおでかけストローマグ。

大きさによって柄が違うようです。

200ml

ピンク、水色、白の3色のパステルカラーがママの乙女心をくすぐりますよね(*`・ω・´)
どっちの柄も可愛くて迷うから、大きさで違っていて助かりました。

この、ミッフィーのお顔がたまらなくキュート!
お茶を入れるとミッフィーの顔が分かりやすくなります。

娘もミッフィー好きになってくれるといいな〜

フタや持ち手の質感もマットな感じで、安っぽくなくて好き。傷が付いても目立たなさそうなのがいいですね!

マグマグとどう違う?

赤ちゃん用のトレーニングマグとしてピジョンのマグマグを持っている方も多いと思いますが、リッチェルのストローマグはどんな感じなのでしょうか。
マグマグ愛用者の一人として比較してみました。

容量

サイズが200mlと320mlの2展開ありますが、今回購入したのは320ml版。マグマグが160mlだったのでおよそ倍の容量になりました。
※2019/11/15追記:マグマグの容量も200mlでした。申し訳ありませんm(_ _)m

小さい方でも200mlありマグマグよりは多く入るようです。

マグマグってガタイいいからたくさん入る感あるけど、案外容量少ないんですよね。赤ちゃんのトレーニング向けのマグだから当然っちゃ当然なのかもしれませんが。

部品の数と洗いやすさ

取り外した時の部品の数はマグマグと同じ。洗いやすさにはさほど差がありませんでした。

強いて言うなら飲み口のゴム部分がかたくて取りづらい点。ただしこれは液漏れしにくいという証なのでオッケー。容量が増えた分、ボトルを洗う時には専用のスポンジが必要ですがこれはリッチェルだけの問題ではないので仕方なしです。

ストローでの飲みやすさ

気になったのが、ストロー部。

マグマグの時は、ストローが固くて少し曲がっているので、底の方に残ったお茶を最後まで飲みきることができていました。

傾けると底まで飲める

が、リッチェルの"おでかけストローマグ"のストローは柔らかいため吸い口が定まりません。
そのため、傾けて飲んでいると吸えてないことがあるんですよね。

まっすぐの状態で飲ませれば最後まで飲めるのかもしれませんが、今の娘にはまだそれが理解できません。振ったりすればストローの位置が変って飲めるようになるので、しばらくはその都度直してやるしかないのかなーと思っています。この点はミッフィーの可愛さに免じて許せるレベルです。(何様か)

持ち手の取り外し

マグマグは持ち手を取り外すことができませんでしたが、リッチェルのストローマグは持ち手部分を外してタンブラーのように使うことができます。

今回、リッチェルのストローマグにした決め手がこれでした。

1歳4ヶ月児にマグボトルを新しく買い与えるのってちょっと微妙な気がするけれど、持ち手が外れるのなら話は別。今はこのまま持ち手をつけておいて、2歳くらいになったら外して持ち歩こうと思っています。

ボトルを選ぶ時に考慮したポイント

赤ちゃんでもない、でも自分で水筒を使いこなせるわけでもない今の時期って、どんな飲み物ボトルにしたらいいんだろう?とすごく迷いました。

  • 容量は?
  • 保温できるか?
  • 直飲みorコップorストロー?
  • はたまたペットボトルにストロー?
  • 持ち手は必要か?
  • 持ち歩きたくなるデザインか?
  • 何歳まで使えるか?
  • 洗いやすいか?

などなど…
今回新しくマグボトルを探す時にたくさんたくさん悩みました。

結果的に私がリッチェル のおでかけストローマグを選んだポイントは、以下の6つ。

  • 娘が飲みやすいストロータイプ
  • 可愛いミッフィー柄
  • 持ち手が取り外せる
  • 夏場は保冷バッグに入れればOK
  • 2〜3歳くらいまで使えそう
  • 洗いやすさはマグマグと同程度

心の奥底には「ミッフィーのストローマグ可愛いなぁ、欲しいなぁ」というのがあって、これを持つための口実を探していただけと言えばそうなんですが^^;それ無くしても、総合的に見てリッチェルの"おでかけストローマグ"はほとんどの悩みポイントがカバーできていたので優秀だと思います。

保冷じゃない点だけが今の時期には気になるけど、それも保冷バッグに入れて持ち歩けば解決する話なので何も問題はありません。

幼稚園に入る時にはまた飲み物ボトルを買い替えなければならないと思いますが、それまではこのミッフィーさんと仲良くやっていこうと思います。

ミッフィー以外も可愛くて迷っちゃうよ

リッチェル おでかけストローマグのミッフィー柄、私の好みにドツボでした。もう可愛い可愛い可愛すぎる!なんなら娘が使わなくなったらタンブラーにして私が使いたいくらい!(タンブラーにはなりません)

リッチェルのおでかけストローマグは、ミッフィ以外でも可愛い柄ものもが多くて好みで選ぶことができるのが素敵なところ。

定番で売られているものとか

全部可愛くて目移りしちゃう(°▽°)!

他にもいろんな柄があるので一度いろいろ探してみるといいかもしれません。店頭だと定番のものしか置いてないことが多いのでネットで探すのがおすすめよ!

まとめ

娘がたくさん飲めるようになったことで新調したストローマグ。

大きいタイプの容量は320mlとたっぷり入れることができるので、1歳ごろから3歳頃まで長く使い続けることができそうです。

洗いやすく、持ち手を外して使うこともできるリッチェルのストローマグは、マグマグのストロータイプから移行しようと考えている人にもおすすめ。今回私はミッフィー柄を選びましたが、他にも可愛い柄がたくさんあるので人と被りにくそうなのも嬉しいですよね(`・∀︎・´)

「新しいドリンクボトルはどうしよう?」と迷ったら、リッチェルのストローマグをぜひ候補に入れてみてくださいね!

それでは、また〜

【関連記事】
可愛くて使いやすいラクマグ!マグマグとの違いは?ストロータイプを徹底比較してみた