実況・レポート 0歳児

生後10ヶ月、夜間断乳の記録1日目

2019/03/14

娘が生まれてから早いもので10ヶ月が過ぎました。

突然ですが私、これまで随分と楽をさせてもらってきた夜の添い乳を卒業することにいたしましたので、今日は夜間断乳についての記録・レポートをしようと思います。

スポンサードリンク

夜間断乳のきっかけ

夜間断乳をしよう!と思い立ったきっかけは、友人から"夜間断乳をしようと思っている"という話を聞いたことです。

友人のお子さんは生後9ヶ月。その話を聞いた時は正直、「まだ早いんじゃないかな〜」と思いました。

でもそういえば、我が娘も離乳食の食べムラが酷いし、夜頻繁に起きて頻回授乳になりがちでした。ここにきて添い乳の効かない夜泣きを何度か経験するようにもなりました。

夜間断乳をすることで夜泣きが減って、離乳食の進みもよくなるそうなので、いっそのこと私も夜間断乳してみるのもありかも!と思い立ったというわけです。

夜間断乳スタート!1日目の記録

夜間断乳の決心

友人から断乳の話を聞いたのが決行の前日。

思い立ったら即行動!のぷよこなのですぐに夜間断乳に踏み切りました。

 

当日。いつものごとくご飯を残しがちだったので「〇〇ちゃんご飯食べないから、今日から夜おっぱいなしだからねっ!」とカミングアウト。

娘はヘラヘラと笑っておりました。

まだ何も知らない幼気な娘

お風呂の時、お布団に入る前も「今日からおっぱいなしでねんねよ」と声をかけ、いざ出陣。

ねんねの時間がやってまいりました。

普段「おっぱいだよ」と聞くだけで「えへっえへっ」と言いながら駆け寄ってくる程おっぱいが大好きな娘。

いつものように「えへっえへっ」と言いながらお布団に入ると、すりすりすりすり。えへっえへっ。すりすりすりすり。がぶっ。…えへっ!えへーっ!

どうやらおっぱいがなくてご立腹のようでした。

 

添い寝トントンだとおっぱいの気配が強すぎて寝ないような気がしたので、横抱っこしながらユラユラトントンすることに。

まぁ泣きますが、そんなことは想定の範囲内。問題は、ここからどれだけ戦えるか。

"根負けしておっぱいを出してしまうと、後からもっと大変になる"と言うことは知っていたので、決意だけは固くしておりました。

娘専用、睡眠導入音楽「white breath」

昼間、抱っこ紐で寝かせたい時の秘策の入眠音楽、TMレボリューションの「white breath」をかけてゆらゆらゆら。(なぜかこれが一番効く)

するとさすがは西川様。娘はスッと泣き止み大人しくゆらゆらされています。

"なんだちょろいじゃねぇか"

そんな舐め腐ったことを考えていた時が、私にもありました。

 

音楽を聴きながらゆらゆらすること約20分、娘の目はギラギラです。

これからねんねするんだ、という意識が全くなさそうでした。

遊びじゃないんですよお嬢さん。

娘、本気を出し始める

いろいろ試しすぎてあまり記憶がないんですが、とにかく試行錯誤していたと思います。

おっぱいが欲しくて欲しくてたまらないのに、貰えない娘は段々と泣き方がヒートアップ。

「あたちは絶対絶対絶対!おっぱいを飲みながら寝るんだ!!!!あたちのおっぱいを出せーーー!!」という意志を強く感じます。

 

これまでにないほど泣きました。通報されるんじゃないかと怯えるほど泣きました。

でもそれ以上に、娘がどれだけ辛い想いをしてるんだろうと思うと心が痛くて、ママも涙ボロボロ( ;∀;)

昨日までは暖かいお布団の中で、大好きなおっぱいを幸せそうにちゅーちゅーしてたのに…。もう二度とあの瞬間はやってこないんだと思うと可哀想で可哀想で。

だけどそれも、母であるぷよこが添い乳という楽をした結果。心を鬼にして挑みます。

ついに疲れて寝る

泣き叫んでから30分くらいたった頃、抱っこのまま眠りに落ちた娘。

やった…!やったよ私…!

心の中でガッツポーズをする私。でもすぐにあることに気がつきます。

 

あれ。…これ置いたら起きるやつだよな(^ω^)

眠らせることだけを考えすぎて、布団で寝かせるということを全く考えておりませんでした。

 

途方にくれたまま10分くらい経った後、寝かせてみました。

うん、やっぱりギャン泣き。

どうして最初に気づかなかったか!私め!

 

こうなるともう寝ながらトントン強行しかありません。

脱水が心配だったので一度起こして麦茶を飲ませた後、お布団へ。

 

泣き声でかき消されない程度の大きめの音でオルゴール音楽をかけ、とんとんとんとんとん。

あぎゃーーーー!!!

とんとんとんとん。

あーーーーいぎゃーーー!!!

とんとんとんとん。

お布団から抜け出て仰け反って、気が狂ったように泣き叫ぶ娘をひたすらとんとんします。

あーいぎゃーーーー!!

おめめごしごし。

あー…んー…いぎゃーー!!!!

ちょっとずつ疲れが見え始め、何十分泣き続けたからわからない頃、ついにその瞬間は訪れました。

 

やっと、やっと、娘をおっぱいなしで寝せることに成功したのです。

すんっ…すんっと鼻音を立てながら眠る彼女の頭をゆっくり撫でながら母は泣きました。

よく頑張ったね( ;∀;)

何度か起きつつも1日目終了

夜中に何度も目を覚ましては泣きましたが、ぎゅーっとしたままのトントンで寝かせるように努めました。

回数をおうごとに泣きの強さとグズグズが弱まっていった気がします。

 

そうして迎えた朝。

いつもより1時間近く早いけど、グズグズし始めたので起こしてしまおう!と思いそのまま起こしました。

そしてしっかり起きた状態で授乳。

このようにして夜間断乳1日目を乗り切ることができました。お疲れ様自分。そして娘。

 

明けない夜はない!心を固く決めよ

こうしてやり過ごした夜間断乳初日。

もっと何時間も泣き続けるのを覚悟していたので思っていたよりは楽でしたが、やっぱり心は痛みます。

絶対に揺らがないよう、鉄の心、氷の心で挑まねばなりません。

 

夜間断乳は最初の3日が勝負!

夜間断乳2日目も負けずに頑張って行こうと思います。

それでは、またレポします!

【関連記事】
生後10ヶ月、夜間断乳の記録2日目〜3日目

スポンサードリンク

-実況・レポート, 0歳児
-,