レビュー

子供の写真入り年賀状はお洒落なアプリで!メリットデメリット、料金は?

 

みなさんこんにちは。ぷよこです。

今年も残すところ1ヶ月を切りました。

みなさん。年賀状、書いてますか?

 

ぷよこは毎年、ひぃおばぁちゃんが喜ぶからという理由で下手くそなイラスト付きの年賀状をコツコツと書いては送っていました。(ひぃばぁちゃんだけでいいのに他の人にも)

でも今年は娘が生まれ、手書きよりは写真の方が見たかろうということで、遅ればせながら写真入りの年賀状デビューすることにしました!

 

スポンサードリンク

2018年写真付き年賀状、何を使って作ろう?

 

写真入り年賀状を作るにあたって、最初に検討したのはソフトが付いてくるタイプの書籍。

以前から書店に立ち寄るたびに「こんな可愛い年賀状作れるんだ〜!」と気になっていたので、12月に入ってそろそろ年賀状を!と思うと同時に購入。

 

しかし、

なんと購入したものがMacに対応していないという痛恨の確認ミスでした。

 

あちゃー

 

書籍は泣く泣く母に譲り、次に探したのはネットから無料でダウンロードできるフリーソフト。

 

ただ、こちらはデザインがあまり好みではなかったので断念。

最終的に行き着いたのがアプリでした。

もっと早くアプリの存在に気づけば良かった…

 

どのアプリがおススメ?

 

ぷよこが選んだのは"おしゃれ年賀状"というアプリ。

App Storeで"年賀状"と検索して上から5番目にあったこちら。

 

おしゃれ年賀状

 

選んだのにこれといって大きな理由はないんだけど、

  • "おしゃれ"というワードに惹かれた(単純)
  • FUJIFILMの文字が目に入ったから

です。

 

どれでもよかったと言えばそうだけど…パッと見でお洒落だったことと、FUJIFILMの印刷なら間違いないかなーと思ったので、アプリ"おしゃれ年賀状"を利用することにしました。

 

と言うわけで今日は、実際にアプリを使ってみて感じた おススメできる点と不満だった点を挙げてみます。

 

年賀状アプリを使って感じたメリット

 

可愛いデザインが多い。

 

アプリは、スマートフォンを持った比較的若い世代を対象にしているので、お洒落なデザインが豊富です。

 

かわいいのばっかり

 

お洒落さを比較すると、書籍タイプとほぼ互角。

フリーソフトは大衆向けで若者ウケは良くなさそうだったけど、アプリはなかなか良さげです。

 

ぷよこが使ったアプリ”おしゃれ年賀状”は、デザイナーさんが手がけたものや、人気キャラクターとのコラボなどもあって手軽に可愛い&センスのいい年賀状が作れるのでオススメ。

 

年賀状くらいセンス良く見られたい…

娘を少しでも可愛く見せたい…

そんな母の願い(欲)を叶えてくれるのは、そう。アプリでした。

 

片手間で作れる

 

これぞスマホの利便性。

外出先だろうと、休憩中だろうと、育児している方なら添い乳中だろうと、時間がある時にちょちょっと年賀状の作成を進めることができて良きかな。

 

片手間でできるっていいね

 

雑誌やパソコンが手元に必要ないっていうのはとても身軽且つ手軽でした。

 

カテゴリ分けが見やすい

 

ぷよこが利用した"おしゃれ年賀状"では、デザインのテイストがカテゴリ分けされていました。

シンプル、カジュアル、スタイリッシュ、デザイナーズ、などなど。

 

見やすいよ

 

おおまかではあるものの、そこからさらに入れたい写真の数で絞り込むことも出来ます。

雑誌版やフリーソフトでもカテゴリは分けられていたけど、写真の数で絞り込むような機能は無かった気がします。

 

スマートフォン内の写真から作れる

 

パソコンを使って作成する場合は写真を取り込んでおかなければなりませんが、アプリならそんな手間が一切なし!

スマホにある写真からパパッと選べばいいので楽ちんでした。

 

今まではパソコンでなければ出来なかったことが、全てスマホでやっていける時代が来てしまいそうな勢いですね。(もう来てる?)

 

個別のメッセージをつけられる

 

複数の人向けの年賀状を同時に頼む時。

定型文のように同じメッセージが付いているだけだと、他人行儀な上になんだか味気ないですよね。

 

そんな悩みもアプリ"おしゃれ年賀状"ならちゃちゃっと解決( ´O` )

送る人それぞれに個別で宛名コメントを付け加えることができちゃいます。

 

宛名面にメッセージがつけられるよ

 

このおかげで、わざわざ最初に戻ってメッセージを変える必要がないのがありがたいなぁと思いました。

 

もし、その必要がなければ入力なしでOK!
ぷよこは手書きでメッセージを付けたかったので、表面も宛名面もメッセージ欄は空白のまま作成しました。

 

試し刷りが無料

 

自宅で作成出来ないことの難点は、実際の完成イメージができないこと。

"印刷してみたら、想像と違った!"なんてことにならないように、試し刷りをするのは必須ですよね。

 

その点もしっかりフォローがあって、最初の一度だけではありますが試し刷りを無料で注文することができます。

届くまで1〜3日は要しますが、それは仕方ないことと割り切ってぜひ試し刷りをしてみることをおすすめします。

 

試し刷りに試し書き

 

デメリット

融通が利かないことがある

 

今回、アプリでとっても困ったことが一つ。

それは、違うデザインのものを同時に頼めないということ。

 

ぷよこは今回"自宅配送"で注文したかったのですが、そうすると送料がかかってくるので費用を抑えるためにまとめて注文をかけることになります。

 

自宅配送と直接投函

 

これがデザインや写真を人によって変えたかったぷよこには少し困った問題でした。

 

ぷよこは、

  • 出産祝いを頂いた方には、それを使っている写真を載せたかった
  • 友達には写真少なめ、親戚には写真多め、と使い分けたかった
  • 旦那さん先頭の名義か、私だけからの名義かを人によって分けたかった

…のですが。

 

今回使用した「おしゃれ年賀状」では、デザイン等を変える場合は新たに注文し直さなければならないのですが、頼める枚数が10枚以上からになっているため、費用が跳ね上がってしまうんです。(10枚に満たないと予備で調整される)

要するに、"たった1枚2枚のために自宅配送すると、必要ない予備まで付いてきてとんでもなくお金の無駄だよ!"と言うこと…

 

「んじゃあ直接投函にすればいいじゃん」となるのですが、そこは手書きにこだわる女。

年賀状一枚一枚に"手書き"でメッセージを書くことは譲れなかったので、今回は全員同じデザインに統一することにしました。

 

来年にはこの点の融通が効くようになっててほしいな、と個人的に思っています。

 

アプリでの年賀状作成にかかる費用はどのくらい?

 

ぷよこが利用した時にかかった費用は以下のとおりです。

 

配送方法:自宅配送

プリント代:108×13枚=1,404 円

ハガキ代:676円

基本料金:0円

合計 2,080円

 

この金額を安いと思われるか高いと思われるかは、人によるかも。

ぷよこは年賀状作成にかかる「手間」と「デザイン代」をお金で買った意識でいます。

 

仮に自分で年賀状を印刷したとしても、当然ながらハガキ代はかかるし、インクが無くなったら買わなければならなかったりして、場合によっては同じかそれ以上の金額がかかって来てしまうこともあるのではないでしょうか?

それを思うとアプリでかかるプリント代なんて気にならなくなるんじゃないかしら。と言う個人的見解(`・∀︎・´)

と言うわけで、ぷよこ的には決して高い金額ではなかったなぁと思います。

 

お洒落な年賀状が手軽に作れるアプリはこれからの主流?

 

2018年の写真入り年賀状作り、多少難点はありましたがなんとか工夫して(時には諦めて)乗り切りました。

 

できたできた〜

 

スマートフォン一つでなんでもできてしまう時代。

世の企業もアプリに参入することが増えてきてますます便利になってきました。

 

アプリで年賀状を作ると、ソフト付き書籍を購入する必要もない、パソコンも必要ない、手書きの必要もない。

今までのように思い腰をあげる必要がなく、「あ、年賀状の季節か!今年はどんなのにしようかな〜♪(アプリポチッとな)」と、サクッと用意できるので断然楽チン。

 

忙しくてもスマホさえあれば、片手間でお洒落な年賀状ができてしまうんですもの。

ぷよこにとってこれからの年賀状作りはアプリ一択!になりました。

 

まだアプリで年賀状を作成したことのない方、2018年はぜひ挑戦してみてください(*`・ω・´)

 

それでは、また〜

スポンサードリンク

 

-レビュー
-